TOP > 材質の特性データ > 塩化ビニール

塩化ビニール

阪口製作所では、他社では取り扱いの少ない、塩化ビニルの成型・加工を行っております。
このページでは、塩化ビニルの特徴についてご紹介いたします。

材質比較

塩ビとは「塩化ビニル樹脂」または「ポリ塩化ビニル」のことをいいます。一般的に、略して「塩ビ」と呼ばれています。 「塩ビ製品」とは塩化ビニル樹脂を主原料として製造された各種製品の総称で、可塑剤を含んだ軟らかい製品「軟質塩ビ製品」と可塑剤を含まない硬い製品「硬質塩ビ製品」に大別されます。
 
塩化ビニル樹脂は、「塩素」と石油からできる「エチレン」を反応させてできる塩化ビニルモノマー(CH2=CHCl)を付加重合させて合成されます。
「塩素」はソーダ産業で、地球上に無尽蔵にある天然塩をナトリウムと塩素に電気分解し、ナトリウムを苛性ソーダとして利用した残りの「塩素」を塩化ビニル樹脂の原料として利用しています。 塩化ビニル樹脂は、塩素が6割、エチレンが4割で、ほとんどの原料を石油に依存している他のプラスチックに比べ、省資源に役立つプラスチックなのです。
  材質比較

硬質塩ビの長所と短所

【長所】
硬質塩化ビニルとは、汎用性の高い樹脂である塩化ビニルの中でも、特に耐久性が強化されたものです。さらに添加物を加えることで、様々な性質に変えやすいという特性もあります。耐水性を高めたり、元から高い難燃性をさらに向上させたりと、使用するシーンに合わせたカスタマイズが可能です。 他にも耐疲労性や耐薬品性に優れ、電気特性も良く、長所の多い素材です。
 
【短所】
非常に長所の多い硬質塩ビですが、成型に携わっている企業・工場は多くありません。その理由は、硬質塩化ビニルの成型が非常に難しいからです。 成型する際の加熱温度や圧力、硬化時間に非常に細かい調整を要するため、熟練の技術がなければ、すぐに不良を起こしてしまいます。 さらに加熱時に素材自体から発生するガスにより、すぐに金型を錆び付かせてしまうことも難点です。 素材自体が非常にデリケートなため、金型の清掃やメンテナンスを頻繁に行う必要もあります。それゆえ、硬質塩化ビニルを成型するには、専用の成型機が必要になるなど、加工には非常に手間がかかります。
  硬質塩ビの長所と短所

硬質塩ビ製品にはこのようなものがあります

硬質塩ビ製品は、次のようなものがあります。
 
・水道管   ・雨樋
・通信ケーブルの保護管   ・硬質シート
・塩ビ平板   ・サッシ
・看板   ・サイディング
・ダクト   ・塩ビ鋼板
・波板   ・住宅用廻り縁
    など
  硬質塩ビ製品にはこのようなものがあります

塩化ビニールの安全性 ―塩ビとダイオキシン―

塩化ビニル樹脂の6割が塩素であることから、燃やすとダイオキシンが発生すると言われてきましたが、塩素は塩化ビニル製品だけでなく、食品、調味料、紙類、衣類などにも含まれます。また、空気中にも塩素化合物は浮遊しており、森林火災でもダイオキシンが発生するのは、このためです。塩化ビニル製品を含め、塩素を含む他のものも燃焼条件によりダイオキシンが微量発生します。 1999年に、政府は「ダイオキシン類対策特別措置法」(ダイオキシン法)を制定し、焼却炉の燃焼温度や燃焼時間などを定め、焼却炉も改良・整備させました。そのため、日本でのダイオキシン排出量は2003年には1997年に比べ、約95%減少しました。
 
 
  塩化ビニールの安全性 -塩ビとダイオキシン-

塩化ビニール製品のリサイクル

塩ビ管・継ぎ手、農業用フィルムや床材、タイルカーペット、壁紙などがリサイクルされています。 農業用フィルムは、農家、市町村、農協、メーカーからなる組織的なリサイクルにより、使用済み農業用フィルムが床材裏層原材料などにリサイクルしています。 また、電力用及び通信用電線は、電線メーカー系による回収ルートが確立しており、被覆材の多くはリサイクルされています。
 
 
  塩化ビニール製品のリサイクル
  • お電話でのお問い合わせ

    072-994-1088
    受付時間(平日)8:00~17:00
  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム